読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオン四日市尾平店 シマブロ

島村楽器 イオン四日市尾平店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

四日市店大会VOL5ライヴレポート

HOTLINE2010四日市店ライヴ最終節。HOTLINE2010がスタートしてから3ヶ月、早いもので8月22日(日)最後のライヴオーディションを迎えました。
今回は最終日に相応しく、参加アーティストもバラエティー豊富。ストレートなロックから可愛いキッズ、さらにはディープなオタ芸まで飛び出す音楽のフルコース。
それではいってみましょう!HOTLINE2010四日市店大会vol5スタートです!

さあ、まず一番手に登場は新たなメンバーを向かえ力強さを増したSM2T!

SM2T

SM2T

エントリー曲

・LIFE DAYS

・1分の1


オープニング一発、全員の楽器が一斉に鳴り、縦のりのスピード感あるビートが流れ、少しハスキーでパワフルなボーカルが乗って1曲目LIFE DAYSがスタート!SM2Tのライヴはとにかく動く。スタジオのスペースを十二分に使い切り、オープニングからテンションメーター振り切りです。
そして曲はメロディックなギターから始まる1分の1へ。SM2Tの登場で会場は一気に熱気に満たされ、HOTLINE2010四日市店大会、最終日は最高のテンションでスタート!



そして、この熱気と会場の期待を受けて登場するのは、世に中々存在しないV系+オタ、さらにハイテンションな異色ユニット、ロザミィ!

ロザミィ

ロザミィ

エントリー曲

・パノラマ

・ドンナニ遠ク離レテモ


シンセササイザーの音が鳴り響き、ミドルテンポの4つ打ちダンスビートに泣きのメロディを奏でるギターが絡み、パノラマがスタート。ステージ中央に陣取ったノートPCの画面には、2Dで3Dなダンサーがパラパラでロザミィのライヴを盛り上げます。
そして2曲目ドンナニ遠ク離レテモではさらにテンションアップ。オタ芸全開、PCには某アイドルが登場し、ギタリストのクララさんのテンションも最高潮に!考え抜かれたカッコイイ音楽と、今までに無いオタ芸パフォーマンスのギャップが癖になりそうです。



たっぷり楽しめた30分。しかしまだ2組しか演奏していないことにビックリ。ライヴはまだまだこれから、もう既に振り切っているテンションをさらに上げて参りましょう。続いての登場は可愛らしい小学生ガールズキッズバンドJ*G*N。

J*G*N

画像

エントリー曲

アジアの純真

・ルリラルリハ


1曲目は選曲も可愛らしくPuffyアジアの純真。小学生の可愛らしい5人組なので、ほのぼのとした気持ちで見守ろう、なんて思っていたらビックリ!演奏がスタートすると驚きの安定感。会場もヴォーカルがリードする手拍子に合わせて、俄然盛り上がります。
続く2曲目ルリラルリハでは、お互いに向き合いタイミングを取るセッションのようなパフォーマンス。そしてラストはみんなでジャンプしてキメ!とても初めてのライヴとは思えない、のびのびとした楽しい演奏で会場を盛り上げてくれました。可愛らしいキッズの素敵な演奏にオーディエンスも釘付けです。



そしてアットホームな雰囲気の中、続いて登場はブルージーなロックバンド KID IN A CANDY SHOP

KID IN A CANDY SHOP

画像

エントリー曲

・Route 33

・Heard story


まずは1曲目はうねる感じのアップテンポなアメリカンロックRoute 33でスタート!会場は一気に大人の世界へ。
そして続くHeard storyはルーズなギターがさらに渋さを増す、横ノリのブルージーなロック。セッションを見ている様な心地よいドライヴ感に、自然に体がリズムを取って動いてしまいます。メンバーの音楽の趣味が様様なKID IN A CANDY SHOP。いろいろなテイストが曲の中で絡み合ってストレートな力強さと渋さが融合したサウンドは、硬派なカッコよさを生み出します。



今回のvol5はバラエティー豊か。ここでまた雰囲気をガラッと変え、続いては四日市店大会では唯一アコースティック弾き語りのアーティストNATSUKI。

NATSUKI

画像

エントリー曲

・STAY

・17


アコースティックギターストロークとともにSTAYがスタート。詩に込められた切ない思いが静かに語り綴られていきます。そしてサビに入るとヴォーカルに圧倒的な迫力が加わり、思わずNATSUKIさんの世界に引き込まれてしまいます。

そして続く17では、17歳の行き場の見つからない思いが、力強さと儚さを兼ね備えたNATSUKIのサウンドに乗せ、会場に響き渡ります。NATSUKIの歌に魅せられ静まり返った会場の中、少しの余韻を置いて拍手が鳴り響きます。



そしていよいよラスト、HOTLINE2010四日市店大会の終幕を飾るアーティストはHOTLINEは去年に続いて2度目のチャレンジとなるantelope!

antelope

画像

・旅

・散歩道


誰にでも共感してもらえる詞と音の世界を目指すantelope。一度聴くと耳に残って口ずさめてしまう自然なメロディーに乗せて、バラードがスタート。
そして心落ち着くの余韻の中、ヴォーカルがギターをアコースティックからエレキに持ち替え、全員が一斉にアップテンポなリフを奏で、2曲目散歩道がスタート。HOTLINE2010四日市店大会ラストを飾る曲は会場全体にビートが弾ける素晴らしい曲でした。



HOTLINE2010四日市店大会vol5。ラストを飾るに相応しい楽しいライヴになりました。参加頂いたアーティストの皆さんお疲れ様でした、そしてご来場頂いたオーディエンスの皆さん有難うございました。



HOTLINE2010四日市店大会はこれで全てのアーティストの演奏を終え、後は中部地区FINALの審査を残すのみ。ライヴを見て頂いた皆さん、お気に入りのバンドは見つかりましたでしょうか。結果発表は9月の発表を楽しみにお待ち下さい。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.