島村楽器 イオン四日市尾平店 シマブロ

島村楽器 イオン四日市尾平店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

HOTLINE2008四日市店大会vol4ライヴレポート

8月24日(日)、HOTLINE2008四日市店大会最終日となるvol4が開催されました。

この日は参加バンドも8バンドと演奏される楽曲も盛りだくさん!

最終日を華々しくかざったこの日。それではいってみましょう、皆様お待ちかねライヴレポートスタートです!

四日市店大会最終日のトップバッターを勤めるのは、浮遊感のある独自の世界を作り出すバンド

まくら

20080903-MAKURA.jpg

20080903-MAKURA_LIVE.JPG

set list

あなたは私のすべて
キリの森


明るいギターリフが始まり、ミドルテンポで横乗りの楽しい曲『あなたは私のすべて』がスタート。会場はほのぼのとした雰囲気に包まれます。そして続いては3拍子のリズムに乗って、本当に森をさまよっている様な不思議な感覚を覚える『キリの森』。雰囲気をガラッと変え、まくらの持つ独特な世界が会場に広がります。


続いて登場は、今回四日市店では唯一のチャレンジ部門エントリーバンド、カフェオレ


カフェオレ

20080903-CAFEOLE.jpg

20080903-CAFEOLE_LIVE.JPG

set list

スタートライン
(カヴァー曲)


チャレンジ部門といいつつも、頑張ってオリジナルを1曲仕上げてきてくれました。まずはその曲スタートラインで演奏スタート。勢いのあるリフに乗せて歌われる、サビの「さーいこうぜ!」まさにこれから前に向かって進んでいく、バンドの思いを感じさせる素晴らしい曲。そしてカバー曲にも独自のアレンジを効かせ、カフェオレらしさを発揮。


そしてバトンは続くKEE PAR 03へ


KEE PAR 03

20080903-KEE_PAR_03.jpg

20080903-KEE_PAR_03_LIVE.JPG

set list

空間色
瞬間記憶


アップテンポで流れるようなメロディを持つ『空間色』で演奏はスタート。メロディを大切にしたサウンドは耳に心地よく、思わず一緒に歌いたくなる、そんな魅力を持っています。そしてより力強い2曲目『瞬間記憶』がスタート。メンバーから伝わってくる暖かい雰囲気が曲にも映し出され、素直な気持ちでライヴを楽しめます。


そして、本日のライブはさらにヒートアップ!スピード感のあるエッジの効いたリフが持ち味のKanon登場。


Kanon

20080903-KANNON.jpg

20080903-KANNON_LIVE.JPG

set list

D-side
Distant City


「いくぞー!」の掛け声とともに『D-side』の激しいリフがスタート。速く刻み込む演奏でありながらメロディーラインは誰もが口ずさめる程キャッチーで、身体の芯から力が沸いて来る熱いライヴ。ヒートアップした勢いをそのままに2曲目『Distant Cituy』へ。サビから始まるこの曲、Kanonのライヴは、より力強く会場を飲み込みます。


続いては雰囲気をガラッと変え、アコースティックユニットC.R.Sの登場


C.R.S

20080903-CRS.jpg

20080903-CRS_LIVE.JPG

set list

旅立つその日まで


アルペジオ主体の心に染み渡るサウンドがC.R.Sの持ち味。実はメンバーの一人が四日市を離れ遠くに行ってしまう。そんな事も考えながら『旅立つその日まで』を聴いていると、静まり返った会場に響き渡るギターの一音一音が本当に切なく、心に刻み込まれます。


C.R.Sは静かな感動を会場に残しつつ、続いてのバンド、ザ・ギャリーネビルズが勢い良く登場


ザ・ギャリーネビルズ

20080903-THE_GYARIE.jpg

20080903-THE_GYARIE_LIVE.JPG

set list

すべては消えてゆく
異国の町


60’70’のテイストを持つザ・ギャリーネビルズ。まずは1曲目はルーズでグルーヴィなミディアムテンポの曲『すべては消えてゆく』がスタート。どこか安心感のある、懐かしくも新しい横乗りサウンドに思わず身体が動きます。そしてギターのアルペジオがゆっくりと始まり、続いての曲『異国の町』が静かに、そしてグルーヴィに奏でられます。


そしてライヴはいよいよ終盤へ。ロザミィの登場。


ロザミィ

20080903-ROZAMY.jpg

20080903-ROZAMY_LIVE.JPG

set list

シルエット
パラサイト


トランスの様なテイストのデジタルサウンドをバックに、ディストーションの効いたギターが鳴り響き、スピード感のある曲『シルエット』がスタート。打ち込みをふんだんに使い込んだサウンドは独自の世界を作り出し、切なく、力強くボーカルがメロディを刻み始めます。続く『パラサイト』はテンポを少し落とす事で、力強さを増した曲。四つ打ちのビートが全身に響き渡ります。


さあ、そしてHOTLINE2008四日市店大会、最後の大取りを飾るのは


PRAY CAT'S PARTY

20080903-PRAY_CATS_PARTY.jpg

20080903-PRAY_CATS_PARTY_LIVE.JPG

set list

青春片道切符


メンバー6人の大所帯バンド。ホーンセクションも取り入れたアコースティックサウンドは新しい魅力を持っています。『渚』は楽器の多さを生かしたインスト曲。PRAY CAT'S PARTYの演奏が華々しくスタートします。そしてボーカルが入るストリート風味の『青春片道切符』。思わず口ずさみたくなるアップテンポな曲。見た目のにぎやかさも手伝って、四日市店大会を締めるに相応しい、皆で楽しめる素敵なライブでした。



HOTLINE2008四日市店大会全ての日程を終了

5月からスタートしたHOTLINE2008。月日が経つのは本当に早いもので、応募締め切りの8月31日を迎えることとなりました。

今回、四日市店大会のライブに足を運んで頂いた皆様、本当に有難うございました。そして、素敵なライブをして頂いた参加アーティストの皆様、本当にお疲れ様でした。

そしてHOTLINE2008は次のステージへ

皆様期待の中部エリアファイナル!広い中部エリアからいったいどのバンドが名古屋クアトロにコマを進めるのか。果たして四日市からエリアファイナル出場バンドは出るのか?発表は近日中こちらのブログで!皆様期待してお待ち下さい。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.